看板・店舗設計事例データベース > 栃木の看板 > No.012

銘板、切文字、箱文字、小学校の校名変更にともなう工事を違和感なく実現

小野寺小学校 様

施工後

施工前

その他の資料

お客様のご要望

弊社は一般のお客様はもちろん、自治体のサイン工事に関しても入札業者としてお仕事をさせていただいております。特に地元である栃木市では価格のわかりにくいサイン工事の予算を計上するための参考見積もりのご協力もさせていただいております。

今回は栃木市から市内にある小野寺北小学校と小野寺南小学校が合併して小野寺南小学校校舎を小野寺小学校とするにあたり校名の変更をする工事を入札の結果落札して工事させていただきました。

作り手のこだわり

工事内容としては①既存の小野寺南を撤去して補修をして新たに作った小野寺の文字を取り付ける。②既存の銘板を取り外し新たな銘板を取り付ける。この工程で5箇所工事することです。

ポイントとして既存の文字と新たに作る文字の書体を合わせなければならないところです。現場で調べると丸ゴシック体でも3種類文字が使われていました。

現場で紙で文字を写し取り、イラストレーターのソフトで写し取った文字をトレースしました。施工前と施工後の写真を見比べてもらえば殆ど差がわからないと思います。

お客様の声

先生方に確認してもらったところどこを直したかわらないほど自然な仕上がりで取り付けることができました。文字を取り外した跡もうまく補修できたと思います。現在地方では過疎化が進み子供の人数も少なくなって学校の統廃合が進んでいます。自分の通っていた学校がなくなってしまうのは悲しいことですが、新しい環境で新しい友達と元気に学んでもらいたいです。

基本情報

地域 栃木県栃木市
業種 小学校
看板の種類 銘板、切文字、箱文字

その他の事例

公式Facebookページ

日々の仕事を配信中!
皆様の「いいね!」がとても励みになっております。いつも応援ありがとうございます。